このページの本文へ移動する

子どもの定期予防接種

更新日:2021年4月1日

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)について

【定期接種】 

 子宮頸がん予防ワクチン接種は平成25年6月からの国の通知に基づき、積極的な勧奨を差し控えていました。しかし、国の検討部会において接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められ、積極的な勧奨を再開することが決定しました。
 国の通知を受け、能美市では令和4年4月から接種勧奨を再開しました。ご案内と予診票とリーフレットを、中学校1年から高校1年相当の女子に送付しました(令和4年3月)。小学校6年の女子の方も接種可能ですので、希望の方は健康推進課までご連絡ください。なお、中学校1年相当の年度の3月31日までに接種することが標準的とされています。

(平成18年4月2日から平成20年4月1日生まれの方は、定期接種の対象年齢を超えても、令和7年3月末まで接種できます。)

 

【キャッチアップ接種】

 令和3年12月から国の通知に基づき、子宮頸がん予防ワクチンの積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方に対して、公平な接種機会を確保する観点から、接種を逃した方のための接種(キャッチアップ接種)を行います。対象は積極的な勧奨を差し控えている間に定期接種の対象であった、平成9年度生まれから平成17年度生まれまでの女子です。対象となる方へご案内と予診票とリーフレットを送付しました(令和4年5月末)。

詳細は厚生労働省のホームページをご覧ください。

 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~(厚生労働省)

 HPVワクチンの接種を逃した方に接種の機会をご提供します(3MB)(PDF文書)

 

◆ヒトパピローマウイルス感染症とは?

 ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染がきっかけでおこるがんの1つに「子宮頸がん」があります。このウイルスは、一度でも性経験のある女子であれば誰でも感染する可能性があります。感染してもほとんどの人は自然に消えますが、一部の人でがんになってしまうことがあります。感染を防ぐことが、がんにならないための手段の一つです。子宮頸がんワクチンの接種を受けてもすべてのHPV感染を予防できるわけではないため、20歳を過ぎたら定期的な子宮頸がん検診が必要です。

子宮頸がんワクチン感染症~子宮頸がんとHPVワクチン~(厚生労働省)

HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ(446KB)(PDF文書)

 

【市内実施医療機関】

地区 医療機関名 住所 電話番号 実施するワクチン 予約の必要

2価

サーバリックス

4価

ガーダシル

根上 能美市立病院 大浜町ノ85番地

55-0560

 要予約

まつだクリニック

浜開発町丁97-3 55-1238    要予約

村本内科胃腸科医院

大成町ワ5-1 55-3551    要予約
やなせ医院 浜町カ157番地 55-0166  要予約
米島医院 大成町ト118-6 55-0241    要予約
寺井 秋山医院 寺井町ま20 57-0666  要予約

ながた内科クリニック

寺井町ロ80-1 57-3777    要予約
前田医院 寺井町た31-1 57-0097  要予約
辰口 にしかわクリニック 三ツ屋町イ14-1 52-0025    要予約
芳珠記念病院 緑が丘11丁目71番地 51-5551    要予約
もりした整形外科クリニック 辰口町654-1 51-6515    要予約
よしだ小児科クリニック 松が岡3-67 51-6100    要予約

(令和4年5月時点)

医療機関によって受付時間・診療時間が異なりますので、接種前に各医療機関にお問い合わせください。市外の医療機関で接種を希望される場合は、定期の予防接種が可能であるか直接医療機関までお問い合わせのうえ接種してください。

 

乳幼児 個別接種 (指定医療機関で実施)

乳幼児 個別接種詳細
種別 接種期間 接種方法

 

ロタウイルス

注:ロタリックスかロタテックのいずれかを接種

 (2020年10月から開始)

ロタリックス(2回):生後6週から24週に至る日の翌日まで

ロタテック(3回):生後6週から32週に至る日の翌日まで

27日以上の間隔で2回もしくは3回接種

(標準的には生後2か月~出生14週6日までに1回目を接種)

Hib
(インフルエンザ菌b型)
初回接種開始時 2か月から7か月未満(4回接種)
<標準的な接種>
27日以上(標準として27日から56日)の間隔で3回(1歳に至るまでに完了)、3回目接種から7か月以上(標準として7か月から13か月)の間に1回接種
7か月から1歳未満(3回接種) 27日以上(標準として27日から56日)の間隔で2回 (1歳に至るまでに完了)、2回目接種から7か月以上(標準として7か月から13か月)の間に1回接種
1歳から5歳未満(1回接種) 1回接種
小児の肺炎球菌
(13価結合型)
初回接種開始時 2か月から7か月未満(4回接種)
<標準的な接種>
27日以上の間隔で3回(2回目は1歳、3回目は2歳に至るまでに完了。標準として生後12か月までに3回接種)、3回目接種から60日以上あけて1回(標準として生後12か月から生後15か月の間)接種
7か月から1歳未満(3回接種) 27日以上の間隔で2回(2歳に至るまでに完了。標準として生後12か月までに2回接種)、2回目接種から60日以上あけて1回(生後12か月以降)接種
1歳から2歳未満(2回接種) 60日以上の間隔で2回接種
2歳から5歳未満(1回接種) 1回接種
四種混合(ポリオ、ジフテリア、百日咳、破傷風)
[ 1期初回(1)(2)(3)・1期追加 ]
3か月から7歳6か月未満 [1期初回(1)(2)(3) ] 
20日以上(標準として20日から56日)の間隔で3回接種
[ 1期追加 ]
初回(3)から6か月以上(標準として1年から1年半後)に接種
三種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風)
[ 1期初回(1)(2)(3)・1期追加 ]
3か月から7歳6か月未満 [1期初回(1)(2)(3) ] 
20日以上(標準として20日から56日)の間隔で3回接種
[ 1期追加 ]
初回(3)から6か月以上(標準として1年から1年半後)に接種
不活化ポリオ
[ 1期初回(1)(2)(3)・1期追加 ]
3か月から7歳6か月未満 [1期初回(1)(2)(3) ] 
20日以上(標準として20日から56日)の間隔で3回接種
[ 1期追加 ]
初回(3)から6か月以上(標準として1年から1年半後)に接種
BCG 生後から1歳未満
(標準的な接種期間:5か月から8か月未満)
1回接種
B型肝炎
(2016年10月から開始)
生後から1歳未満
(標準的な接種期間:2か月から9か月)
27日以上の間隔をおいて2回、第1回目から20週以上経過した後に1回接種
 
水痘(水ぼうそう) 1歳から3歳未満 3か月以上あけて2回
(標準的には1歳から1歳3か月までに1回、1回目接種の6から12か月後までに1回)
麻しん風しん
[ 1期・2期 ]
[1期]1歳から2歳未満
[2期]小学校就学前の1年間
[ 1期 ] 1回接種
[ 2期 ] 1回接種
日本脳炎
[ 1期初回(1)(2)・1期追加 ]

6か月から7歳6か月未満
(標準的な接種期間:3歳から)

[ 1期初回(1)(2) ] 6日以上(標準として6日から28日)で2回接種
[ 1期追加 ] 初回(2)から6か月以上(標準として概ね1年後)に接種

 「予防接種と子どもの健康」最新版はこちら⇒予防接種リサーチセンター

・予防接種の予診票(日本脳炎・麻しん風しんの2期以外)は新生児訪問の際にお渡ししています。
・日本脳炎1期の予診票は3歳6か月健診の際にお渡ししています。
・麻しん風しん2期(年長)の予診票は、対象となる際に個別に郵送いたします。

児童・生徒 個別接種 (指定医療機関で実施)

児童・生徒 個別接種詳細
種別 対象者 接種方法

日本脳炎(特例)

[ 第1期初回(1)(2)・1期追加 第2期] 

1995年4月2日から
 2007年4月1日生まれ
で20歳未満

1期接種(初回2回、追加1回の計3回)・2期接種を逃した場合の残りの回数を接種

日本脳炎(特例)

[ 第1期初回(1)(2)・1期追加] 

2007年4月2日から
2009年10月1日生まれで13歳未満
1期接種(初回2回、追加1回の計3回)を逃した場合の残りの回数を接種
日本脳炎 [ 第2期] 9歳から13歳未満 1回接種
二種混合(ジフテリア、破傷風) 11歳から13歳未満 1回接種
ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)
小学校6年から高校1年相当の女子

標準的な接種方法
3回接種
2価(サーバリックス):1月の間隔をおいて2回行った後、1回目の注射から6月の間隔をおいて1回

4価(ガーダシル):2月の間隔をおいて2回行った後、1回目の注射から6月の間隔をおいて1回

・日本脳炎2期(小4)、二種混合(小6)、子宮頸がん(中1)の予診票は対象となる際に個別に郵送いたします。

日本脳炎(特例接種) 生まれ年ごとの対応(71KB)(PDF文書)

日本脳炎接種スケジュール(84KB)(PDF文書)

 

注:日本脳炎ワクチンの供給再開について

令和3年度中はワクチン供給量の不足に伴い、出荷調整が行われ、第1期初回1回目及び2回目の接種と定期の予防接種が受けられる年齢の上限が近づいている方の予防接種を優先に接種を勧めていましたが通常の供給量となりましたので、令和4年度以降は接種対象者全ての方に接種していただけます。お手元の予診票と母子手帳をお持ちになり接種してください。

 

お問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課

電話番号:0761-58-2235 ファクス:0761-58-6897