このページの本文へ移動する

市議会のしくみと流れ

更新日:2021年11月1日

市議会とは

能美市などの地方公共団体は、憲法や地方自治法の規定に沿って、議会を設置しています。これは、住民がその地域の行政を自分たちの手で行うという地方自治の本旨に基づいたものです。
能美市議会は、選挙で選ばれた16名の市議会議員が、市民を代表して、条例の制定や改廃、予算・決算など市政の基本的な事柄について話し合い、決めていく場です。

審議の流れ

市議会には、年4回(3月、6月、9月、12月)定期的に開かれる「定例会」と必要に応じて特別に開かれる「臨時会」とがあります。
議会を招集する権限は市長にあります。市議会に提出された議案や請願は、本会議にかけられた後、関係する委員会に付託され、審議が行われて、最終的に本会議で議決されます。

本会議

全議員が議場に集まり、市長から提案された議案などを審議したうえで、議会の意思を最終的に決定します。
本会議では、議案質疑のほか、市政全般に対する一般質問が行われ、活発な議論を展開しています。

常任委員会

より効率的・専門的に審査するため、総務産業・教育福祉の2つの常任委員会を設置し、予算などの議案や市民から提出された請願の審査のほか、所管事務の調査を行っています。

市議会の傍聴

年4回定期的に開かれる定例会と必要に応じて開かれる臨時会は、誰でもが傍聴できます。議会では、1人でも多くの市民の皆さんが傍聴され、議会活動を通じて市政に対する理解を深め、市政に参加されることを望んでいます。

市議会の流れ

お問い合わせ先

議会事務局 議事調査課

電話番号:0761-58-2240 ファクス:0761-58-2295