このページの本文へ移動する

大月さゆさんの一日消防長日記

登録日:2019年7月22日

大月さん画像1

 令和元年7月8日、よく晴れた月曜日。能美市出身の女優、大月さゆさんが一日消防長を務めてくれました。その模様をお伝えします。

 9時から能美市消防本部で任命式。井出市長の挨拶の後、多くの署員に囲まれてタスキをかけてもらうところからスタートです。

大月さん画像2

 9時半から消防職員の方々にご挨拶のあと、通信指令室で119番通報受信の体験。インカムを装着し通報者との連携をとりながら心肺蘇生法の指示。

 実際に事件は起こっていないものの、受け応えは真剣そのものでした。マニュアルに従い通報者のお名前を聞き、任務を無事終了です。

大月さん画像3大月さん画像4大月さん画像5大月さん画像6

 休憩を挟み、10時過ぎから、母校根上中学校で行う寸劇の打ち合わせを行い、いざ、母校へ。

 体育館には生徒165人が集合。大月さんが後輩生徒の前でご挨拶をした後、寸劇スタート。ストーリーはトレーニングジムで練習をしていた男性が突然の心停止を発症し、消防の通信指令員の口頭指導により心臓マッサージを受けるというもの。現場に駆けつけた救急隊員の迫真の演技に一同圧倒されている様子。そしていよいよ大月さんが登場。

大月さん画像7大月さん画像8大月さん画像10大月さん画像9,11

 私は、現在ミュージカルや舞台を中心に女優をしています。
 今日はこんな風に私の母校で後輩である皆さんとお会いできてとても嬉しいです。
 私から皆さんへお伝えできることを考えた時に、私自身が先輩や舞台の仲間から頂いた言葉の中で心に残っているものをいくつかお伝えしたいと思いました。

 一つ目は、これからの人生で続けるかやめるか必ず自分で道を決めなければいけないことが出てきます。その時少しでも続けることが自分のプラスになるのだと感じた時、あと一年頑張ってみよう。と思ってください。一年後、もしかしたらやめる選択をとるかもしれない、けれど必ず今と違う景色が見えているからと。なんでもすぐに諦めないでほしい、結果を決めつけないでほしい。その先の想像もつかない景色を見て欲しいという願いを込めてお伝えします。

 そしてもう一つは、沢山本を読んでください。活字が苦手だと思う子もいるかもしれません。でも、本は出会えない人に出会い、経験をし、想像力を掻き立てられ、心を豊かにしてくれます。

 最後に、これからの皆さんの人生が良い思いがけないことに沢山出会えますように心から願っています。

 

 懐かしい場所にホッとしつつも、伝えたいことはたくさんある。いま、体育館に座る中学生と同じ年代で、自らの進む道を決め、絶えず自分と向き合いながら、挫けそうになっても諦めずもう一歩前へと進む。Believe in yourself. を実践してきた大月さんだからこそ、伝えられる内容でした。

 大月さんの肉声が心に響き、勇気をもらった生徒さんもたくさんいたと思います。

大月さん画像12

 寸劇後、母校の生徒に見送られ、14時には能美市九谷焼資料館へ。ここは歴史ある名品を鑑賞しながら、九谷焼の歴史を振り返るとともに、さらに現代九谷の新しい息吹を広く一般に公開するため1982年にオープンしました。2018年にリニューアルオープンしたばかりの館内は、九谷五彩の紺青・赤・紫・緑・黄で各コーナーが色分けされ、とても美しく洗練されています。資料館では施設長の佐久間さんがお出迎えに。立入検査の報告を行った後、館内のご説明をしていただき、数々の名品をたっぷり鑑賞させていただきました。

大月さん画像13大月さん画像14大月さん画像15大月さん画像16大月さん画像17大月さん画像18大月さん画像19大月さん画像20

 そして最後に消防本部に戻り、消防職員のみなさまと警防、救助訓練の点検です。不測の事態に備えて日々真剣に訓練を重ねる消防隊員みなさんの姿を温かい視線で見守りながら、一日消防長の任務は終了です。

大月さん画像21大月さん画像22大月さん画像23大月さん画像24大月さん画像25大月さん画像26
無事、一日の任務を終えて安堵の大月さん(お隣は近藤消防長)

 

大月さゆさんから一日消防長の任務を終えて。

 

 今日は思いがけない良い事に沢山出会えました。

 緊張しながら能美市消防本部へ入りましたが、消防署の皆さんがとても温かく迎えてくださり、不安も緊張もすぐにどこかへ飛んでいきました。

 根上中学校では昨年一緒に『Song Of Nomi』を歌った生徒の皆さんと再会し、成長を見ることができた喜びで胸がいっぱいになりました。

 そして、消防署の皆さんとの緊急処置を学ぶ寸劇。こんな消防署は他に無いだろうと思うほどの楽しい寸劇。脚本から全て作られたとお聞きして驚きました。

 能美市の新しい名物ではないでしょうか?!

 九谷焼資料館では九谷焼の歴史と美しさに触れながらの立入検査。能美市の人と宝物をしっかり守る設備になっているか要チェックです。結果は完璧でした。

 最後に拝見させていただいた救助訓練は人を救うこと、被害を最小限にすること、全てを同時進行で行わなければいけません。

 その手際の良さとチームワークは日頃の訓練がないとできるものではありません。迫力にただただ圧倒されつつも感動しました。

 能美市で暮らす人たちの安心と安全を守って下さっている消防署の方々は、親切で優しく、やるときゃやる!!まさにヒーローです。

 一日消防長では今まで見たことがなかった能美市を知ることができました。このような機会を与えて下さった井出市長と能美市消防本部の皆さま、お世話になった全ての方々に心から感謝しております。

 

一日消防長の振り返り

  1. 任命式(消防本部)
    大月さん画像27
  2. 特別点検(防災センター前)
    大月さん画像28
  3. 119番通報受信体験(通信指令室)
    大月さん画像29
  4. 消防寸劇(根上中学校)

    大月さん画像30

  5. 立入検査(九谷焼資料館)
    大月さん画像31
  6. 警防、救助訓練(消防本部)
    大月さん画像32

大月さん、一日ありがとうございました!

みなさん、お疲れ様でした!

大月さんプロフィール画像

大月さゆ
sayu otsuki

石川県能美市出身。2003年宝塚歌劇団に入団。雪組に配属され下級生の頃から数々の重要な役を務める。『エリザベート』新人公演ではエリザベートを演じ『シルバー・ローズ・クロニクル』『凍てついた明日』などではヒロインに抜擢。2010年宝塚歌劇団退団。その後の主な出演作は、『デスノート』『美少女戦士セーラームーン』『うつろのまこと』『マイ・フェア・レディ』『HARUTO』など舞台を中心に活動している。また、いしかわ観光特使、石川県能美市観光大使として地元でも活動を行っている。2020年1月よりミュージカル「シャボン玉とんだ 宇宙までとんだ」に出演予定。

お問い合わせ先

企画振興部 市長戦略室

電話番号:0761-58-2204 ファクス:0761-58-2291