このページの本文へ移動する

令和元年度能美市予算

更新日:2019年6月21日

 令和元年度(2019年)は合併15周年を迎えますが、来るべき合併20周年までの5年間は、東京オリンピック・パラリンピックの開催(2020年)、加賀国立国・能美郡誕生1200年(2023年)、北陸新幹線の敦賀延伸(2023年)など能美市内外の環境が大きく変わり得ることから、未来に向けた成長戦略を描く極めて重要な期間となります。
 また、公共施設等の老朽化対策が喫緊の課題であることに加えて、2019年10月からは消費税率の引き上げや幼児教育の無償化が始まるなど財政環境も大きく変化することになります。
 よって、令和元年度予算は、中長期的な視点に立ち、下記に定める方針により編成することとします。

(1)誇りと愛着を持って暮らせるまちづくり
  タウンミーティング等で寄せられた意見・アイデアを広く市政に反映し、市民が能美市に誇りと愛着を持って暮らせるまちづくりを目指す

(2)公共施設等の総合的かつ計画的な管理の実現
  将来の利用需要の変化を踏まえた長期的視点に立つ公共施設等の総合的かつ計画的な管理の実現を目指す

(3)5か年の活動の軸となり、持続可能な発展に寄与する事業の展開
  合併15周年の節目を機に、合併後20年以降の方向性を見据えながら、将来展望を描ける事業を「チャレンジ能美2019-2023」と位置付け、持続可能な発展を目指す

ダウンロード

 注:ダウンロード(PDF)データの記載内容について、「平成31年度」は「令和元年度」に読み替えていただきますようお願い致します。

令和元年度能美市当初予算

 一般会計の当初予算額は、225億円(対前年度比△1億3,000万円、△0.6%)です。

 一般会計・特別会計・企業会計を合わせた予算総額は、408億5,590万円(対前年度比△4,120万円、△0.1%)です。

ダウンロード

 注:ダウンロード(PDF)データの記載内容について、「平成31年度」は「令和元年度」に読み替えていただきますようお願い致します。

令和元年度能美市6月補正

 一般会計において、 寺井地区都市再生整備計画事業の国庫補助金の事業期間の延長が認められたことから、事業の進捗を図るための事業費をはじめ、利用者の安全面に配慮した物見山テニスコートの全面改修費、国庫補助金の内示に伴う事業費の増減などにより1億9,800万円を追加しました。 

ダウンロード

お問い合わせ先

総務部 財政課

電話番号:0761-58-2203 ファクス:0761-58-2290