このページの本文へ移動する

後期高齢者医療 医療費が高額になったとき

登録日:2020年4月1日

 

 

高額療養費

 1か月(同じ月内)に支払った医療費の自己負担額が決められた限度額を超えた場合、高額療養費として支給されます。支給額は以下のように計算されます。 
高額療養費に該当し、手続きが必要な場合は個別にお知らせします。申請は初回のみです。以降は、支給対象となった都度、指定口座に振り込みます。

計算のしかた

  1. 個人ごとに外来で支払った額を合計し、限度額を超えた分を計算します。
  2. 世帯全体で、外来で負担した額と入院で支払った額を合計し、限度額を超えた分を計算します。

  高額療養費イメージ

  • 入院も外来も、1か月の自己負担額は限度額までになります。
  • 特定疾病(人工透析など)患者の方は、自己負担額が1万円までになります。
  • 入院時の食事代や差額ベッド代などは対象外です。

自己負担限度額(月額)

後期高齢者医療自己負担限度
注:一般・課税所得IIIの方は、後期高齢者医療被保険者証だけで上記の金額が適用されますので、特に申請する必要はありません。


関連情報

 

お問い合わせ先

健康福祉部 保険年金課

電話番号:0761-58-2236 ファクス:0761-58-2293