このページの本文へ移動する

牧野孫七の墓

登録日:2019年4月1日

牧野孫七の墓

寺井には十村として寛永の頃に伊右衛門、寛政の頃に孫三郎、文政の宗右衛門、弘化の頃に孫七がいた。

牧野の姓を名乗るのは宗右衛門からで、孫七は、文化十三年(1816)二月十五日宗右衛門の長男として生まれ、十村家を継いだ。

北板津組の十村は、寺井、佐野、湯谷、高堂、福岡、浜、赤井、朝日、粟生、秋常、上開発、下八里など三十五村五千石を支配する大十村でその豪奢な生活は下級武家や商家をしのぐほどであったいう。

孫七は十村在任中も明治になってからも地方文化、産業の振興に大きな功績を残し、明治十三年(1880)六十四歳で没した。

能美ふるさとミュージアム
〒923-1121 能美市寺井町を1-1
電話番号:0761-58-5250
ファクス:0761-58-5251