このページの本文へ移動する

更生医療

登録日:2019年4月1日

身体障害者の更生に必要な医療であって、その障害を除去し、または軽減して職業能力を増進し、または日常生活を容易にすること等を目的とした医療を受けた場合に、その身体障害者等が属する世帯の前年の所得税額等に応じて負担額が軽減されます。

(注)更生医療担当医療機関として指定された病院で受けた場合に適用となります。
 例:心臓のバイパス術、人工透析など

(注)18歳未満の者については、育成医療が適用されます。

申請の手続

身体障害者手帳をお持ちでない方は、更生医療申請の手続と併せて、身体障害者手帳交付申請の手続が必要となります。

申請に必要な書類

  • 更生医療給付申請書
  • 更生医療要否意見書(指定医が作成して指定様式)

(注)様式は、福祉課または各庁舎窓口センターにあります。

申請手続

  1. 指定医師に更生医療意見書の記入を依頼
  2. 市役所福祉課に申請書・意見書を提出
  3. 県の書類審査・要否決定
  4. 「更生医療券」・「更生医療給付決定通知書」交付
  5. 「更生医療券」を医療機関へ提出

負担費用

医療保険の給付や他の公費負担制度を適用した残りが給付対象となります。
ただし、本人又は扶養義務者が、一定以上の所得がある場合には、所得に応じ費用の一部又は全部を負担していただきます。

申請できる場所

福祉課または各庁舎窓口センターで申請ください。

お問い合わせ先

健康福祉部 福祉課

電話番号:0761-58-2230 ファクス:0761-58-2294