このページの本文へ移動する

スプレー缶などの出し方

登録日:2020年2月1日

スプレー缶などは中身が残っていると、ごみ収集車で火災や爆発事故が起きる危険があります。

 

捨て方の手順

(1)中身を使い切る (2)穴をあける (3)不燃ごみとして捨てる 

注意!穴をあけるときはケガをしないよう気を付けてください。

 

 

スプレー缶・カセットボンベの捨て方 

 

注意!必ず火気のない風通しのよい十分に広い屋外で行ってください。

  • スプレー式の塗料や泡状の整髪料などは、古布などに吹き付けて使い切りましょう。吹き付けた物は可燃ごみへ。
  • カセットボンベは、赤いキャップを外してボンベを逆さまにし、少し傾けて コンクリートなどの硬い物に押し付けてガスを抜きましょう。
  • カセットコンロ(卓上コンロ)本体は電池を抜いて、リサイクルセンターの「金物」へ。 

 

ライターの捨て方

  1. 周囲に火気のないことを確認する。
  2. 操作レバーを押し下げる。火が着いた場合はすぐに吹き消す。
  3. 輪ゴムやガムテープなどで、押し下げたままのレバーを固定する。
  4. 「シュー」という音が聞こえれば、ガスが噴出している(聞こえない場合は炎調整レバーをプラス方向いっぱいに動かす)。
  5. この状態のまま下記のない風通しのよい屋外に半日から1日置く。
  6. 確認のため着火操作をする。火が着かなければガス抜き完了。 

ライターの捨て方

 

 安全にごみ収集ができるように皆さまのご協力をお願いします。

お問い合わせ先

市民生活部 生活環境課

電話番号:0761-58-2217 ファクス:0761-58-2292