このページの本文へ移動する

建設工事等における情報共有システム試行の対象工事拡充について

登録日:2020年3月17日

  能美市では、公共事業の生産性向上の一環として、一部の工事において平成31年度より情報共有システムを試行しておりますが、
令和2年度より、対象工事を拡充いたします。
 
 
(1)対象工事
  当市発注工事のうち、 土木工事(農林業含む)及び舗装工事
 
          かつ 当初設計金額 1,000万円以上 ⇒ 500万円以上に拡充

  契約後に受注者より試行参加の意向を確認できた工事について情報共有システムを試行します。
      なお、対象工事は仕様書に、 「情報共有システム活用試行工事」 であることを明示します。

◆留意事項

  • 対象工事であっても、契約後、やむを得ない理由があると認められた場合は、受発注者協議により適用外とすることができます。
          → この場合は、 「申出書(30KB)(Excel)」 を工事担当課に提出してください。
     
  • 対象外工事であっても、受注者の申し出があれば試行対象工事とすることもできます。
          → この場合は、 「承諾願(30KB)(Excel)」 を工事担当課に提出してください。
     

(2)適用日
    令和2年4月1日以降に入札公告を行う案件
 

(3)使用システム
    当市で使用するシステムは、石川県情報共有システム機能仕様書(PDF/114KB) の要件を満たすものとします。


(4)今後のスケジュール
   スケジュール
 

 

お問い合わせ先

総務部 管財課

電話番号:0761-58-2205 ファクス:0761-58-2290