このページの本文へ移動する

負担割合のお知らせ

登録日:2019年4月1日

負担割合のお知らせ

介護保険サービスまたは、介護予防・生活支援サービスを受けた際の自己負担割合について、平成27年7月以前は原則1割、平成27年8月1日から平成30年7月31日までは原則1割もしくは2割でしたが、介護保険制度の改正により平成30年8月1日から、一定以上所得者を対象に負担割合3割が導入されました。
能美市では、毎年7月中旬に要介護・要支援認定をお持ちの方全員に対してご自身の負担割合を記した負担割合証を交付しています。
お知らせする負担割合はその年の8月1日から翌年の7月末日まで適用されますので、介護サービスを受けられる際には被保険者証とともに必ずご利用の介護サービス事業所へ提示してください。

介護保険負担割合証リーフレット (PDF/269KB)

負担割合の判定について

2割負担になるのは、65歳以上の方で、合計所得金額(注1)が160万円以上220万円未満の方です(単身で年金収入のみ の場合、年収280万円以上)。  
3割負担になるのは、65歳以上の方で、合計所得金額(注1)が220万円以上の方です(単身で年金収入のみ の場合、年収344万円以上)。  

ただし、合計所得金額(注1) が一定の金額以上であっても、実際の収入が基準に満たないケースや65歳以上の方が2人以上いる世帯(注2)で収入が低いケースがあることを考慮し、世帯の65歳以上の方の「年金収入とその他の合計所得金額(注3)」の合計が
単身で280万円未満、2人以上の世帯で346万円未満の場合は1割負担、
単身で280万円以上340万円未満、2人以上の世帯で346万円以上463万円未満の場合は2割負担となります。

(注1)「合計所得金額」とは、収入から公的年金等控除や給与所得控除、必要経費を控除した後で、基礎控除や人的控除等の控除をする前の所得金額をいいます。
(注2)「世帯」とは、住民基本台帳上の世帯を指します。
(注3)「その他の合計所得金額」とは、合計所得金額から、年金の雑所得を除いた所得金額をいいます。

被保険者証との関係

介護サービスを利用される際には、「介護保険 被保険者証」とともに、事業所にご提示ください。被保険者証に負担割合証とは異なる負担割合が記載されている場合、被保険者証に記載された負担割合が適用されます。

紛失・破損した場合

負担割合証を紛失・破損した場合は、申請により再度交付いたします。

申請者:本人、家族、ケアマネジャー等
申請方法:窓口申請または郵送申請
(用紙は以下のリンクからダウンロードしてください。)

お問い合わせ先

健康福祉部 介護長寿課

電話番号:0761-58-2233 ファクス:0761-58-2292