このページの本文へ移動する

目的税の使途状況

更新日:2019年10月1日

 

租税の中で、一定の政策目的を達成するために使途を限定して課税されるものを目的税といいます。
能美市で採用されている目的税には、入湯税及び都市計画税があり、これらの平成30年度決算における使途状況については以下のとおりです。

入湯税(収入額 : 8,378千円)

入湯税は、鉱泉源の保護管理施設、消防施設等の整備、観光振興に要する費用に充てられます。

入湯税
事業内容 事業費 充当額
鉱泉源の保護管理施設 1,842千円 0千円
消防施設等の整備 43,753千円 0千円
観光施設の整備 24,059千円 0千円
観光振興 62,047千円 8,378千円
合計 131,701千円 8,378千円

都市計画税(収入額 : 592,883千円)

都市計画税は、都市計画事業、土地区画整理事業等に要する費用に充てられます。

都市計画税
事業内容 事業費 充当額
街路事業 713,846千円 26,865千円
公園事業 14,438千円 10,038千円
下水道事業 90,267千円 0千円
土地区画整理等 12,499千円 12,499千円
地方債償還 1,740,209千円 543,481千円
合計 2,571,259千円 592,883千円

お問い合わせ先

総務部 財政課

電話番号:0761-58-2203 ファクス:0761-58-2290