このページの本文へ移動する

令和4年度 星空教室年間予定表

更新日:2022年4月1日

 

毎月1回、プラネタリウムを使った生解説による星空教室を行っています。

会場は、根上学習センター2階のプラネタリウムです。

定員は10名で、入場は無料です。

時間は10時20分から10時50分までです。

講師は能美星の会のみなさんです。

 

予定日 テーマ 内容
4月3日 日曜日 おおぐま座とこぐま座の物語 春の星座で有名な北斗七星はおおぐま座の星です。北斗七星で見つけることができる北極星はこぐま座の星です。ところで、おおぐま座とこぐま座は親子なのです。そこには悲しい物語が…
5月8日 日曜日 春の空の大きな星座 おおぐま座って、北斗七星だけじゃなくてすごく大きな星座だって知ってますか?春は他にも大きな星座が見えています。おとめ座やうみへび座です。夜遅くなるとりゅう座やへびつかい座も上がってきます。プラネタリウムで探してみよう。
6月5日 日曜日 春から夏のちっちゃな星座 春から夏にかけての空には小さいけどチャーミングな星座がたくさんあります。こぐま座、りょうけん座、かんむり座、こじし座、からす座、てんびん座…覚えていると友達にも自慢できるかも!
7月3日 日曜日 月と惑星の満ち欠け  天の川を見たことがありますか?天の川は暗い所へ行けば望遠鏡がなくても見られます。それもオーストラリアへ行けばサイコーです。プラネタリウムで確認しましょう。
8月7日 日曜日 流れ星と流星群の話  流れ星とほうき星と隕石は要するに全部同じもの?流星群って何?流れ星はみんな流星群のメンバーなの?
9月4日 日曜日 いて座・さそり座観光ガイド

 冬の星座の代表がオリオン座なら、夏の代表はさそり座といて座。そこには「宇宙遺産に」に登録されるような絶景がたくさんあるのです。死ぬまでに一度は行ってみたいですね(ムリだろうなぁ)。

10月2日 日曜日 木星とガリレオ衛星の話  400年前、ガリレオは初めて望遠鏡で木星を見て。4個の衛星を発見しました。そこから類推して、地動説を打ち出しました。木星の衛星って何でしょうか?それと地動説とどんな関係があるのでしょうか?
11月6日 日曜日 皆既月食のはなし

 皆既月食は月が地球の影の中に入って見えなくなることです。皆既月食は必ず満月の夜に起こります…ってホント?

月が見えなくなってい時間も、短いこともあれば長いこともあるんだって。

12月4日 日曜日 惑星の動きをシミュレーションする  今月は夕方には金星と水星が見えます。日が沈むと、土星、木星、火星が見えます。これらは惑星といって、地球と同じように太陽の周りを回っています。惑星は他の星の間をどんどん動いていくのです。
1月15日 日曜日 今年の天文ハイライト

 2023年はどんな現象が見られるのでしょうか?金星や土星、木星はいつごろよく見えるのでしょうか?

プラネタリウムで一足先に見てみましょう。

2月5日 日曜日 オリオン座・おうし座観光ガイド 有名なオリオン座。明るい星が多くて、しかも並び方がかっこよくてイケメン!そのオリオンを狙っているのはおうし座。実はオリオン座やおうし座には望遠鏡で行く観光の見どころがいっぱいあるのだ。ホントに行くことはできないけど、行った気になれる観光ガイド。
3月5日 日曜日 アルゴ座って知ってますか?  アルゴ座は巨大な星座です。今では4つの星座に分かれていて、日本では一部しか見えません。でも、アルゴ座にはすごい冒険物語があるのです。

 

 機器の点検、台風、大雪等で実施が困難な場合、感染症予防のため等で中止する事があります。

また、定員を変更する場合があります。

これらの場合は、学習センター内の掲示でお知らせします。