このページの本文へ移動する

個人情報保護制度について

登録日:2019年4月1日

個人情報保護制度とは

個人情報保護制度は、市が保有する個人情報の取り扱いについてルールを定めて、みなさんのプライバシーを保護するとともに、自己情報を本人からの請求に応じて、開示していこうとするものです。

個人情報とは

個人に関する情報であって、氏名、生年月日などにより、その情報から本人を特定できる情報です。また、健康状態や財産の状況など、それだけでは、個人を特定できない情報であっても、個人の氏名と一体となっているなどして、個人が特定できるようなものであれば個人情報になります。

市が個人情報を取扱う際のルール

(1)個人情報の取得の制限
  個人情報は、目的の達成に必要な範囲で、適法かつ適正な方法で、原則本人から収集します。また、次のような個人情報については原則収集を行いません。

  • 思想、信条及び信教に関する個人情報
  • 個人の特質を特定する身体に関する個人情報
  • 社会的差別の原因となるおそれのある個人情報

(2)個人情報の管理
  保有個人情報の漏えい、滅失、損傷がないよう適切に管理し、最新の情報に保つように努めるとともに、不要になった個人情報は確実に廃棄します

(3)個人情報の利用及び提供の制限
  原則として、個人情報取扱事務の目的以外の目的のために保有個人情報を内部で利用したり、外部に提供したりはしません。

個人情報の開示請求

どなたでも、市が保有する、自分の個人情報について開示請求することできます。
ただし、法律により開示できない情報や第三者の権利や公共の利益を損なうおそれのある情報などは、開示できない場合があります。
開示請求には、「保有個人情報開示請求書」と本人証明書類を提出してください

個人情報の訂正請求

どなたでも、開示決定を受けた個人情報の内容が事実と異なるときは、その訂正を求めることができます。訂正する場合は、訂正内容を証する書類が必要になります。

個人情報の利用停止請求

どなたでも、開示決定を受けた自分の個人情報の内容が、「取得の制限」や「利用及び提供の制限」の規定に違反して取り扱われているときは、その利用の停止、消去又は提供の停止を請求できます。

お問い合わせ先

総務部 総務課

電話番号:0761-58-2200 ファクス:0761-58-2290