このページの本文へ移動する

高齢者の定期予防接種

更新日:2024年4月1日

新型コロナワクチン接種について

令和6年秋冬に高齢者インフルエンザワクチンの接種対象者と同様に定期接種として実施予定です。

重症化予防が目的とされ、接種費用は原則有料です。

令和6年4月1日以降に定期接種以外で接種を希望される場合は、自費で接種を受けていただくことになります。


詳しくは令和6年秋頃にお知らせします。

令和6年度 高齢者肺炎球菌感染症予防接種(定期)

65歳を超える方を対象とした経過措置は令和5年度で終了しました。

65歳を超える方で、これから接種をされる方、前回の接種から5年以上経過した方は任意予防接種の助成をご利用ください。

詳しくはこちら➡任意の高齢者肺炎球菌予防接種の費用助成

接種対象者

 次の(1)(2)のいずれかに該当する方で過去に23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンを接種していない方

 

 (1)65歳の方(65歳の誕生日前日から66歳の誕生日の前日までの方)

  対象の方には予診票をお送りします。発送時期は決まり次第ご案内します。


 (2)60~64 歳で、心臓、じん臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方

  (身体障害者手帳内部障害1 級相当の方)

  注:60歳到達以降の接種となります。

  対象の方には予診票をお送りします。発送時期は決まり次第ご案内します。  

一部負担金

 2,200円

  介護保険料の所得段階が第1~3段階に該当する方(世帯全員が市民税非課税の方)は1,100円、生活保護受給の方は無料

注:通知の費用と異なる場合は、接種前に必ず健康推進課までご連絡ください。接種後の変更はできません。 

 接種期間 

 予診票が届いてから66歳の誕生日の前日まで

 

高齢者インフルエンザ予防接種

 令和5年度の高齢者インフルエンザ予防接種は終了しました。令和6年度の接種については、令和6年秋頃にお知らせします。

お問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課

電話番号:0761-58-2235 ファクス:0761-58-6897