このページの本文へ移動する

能美市公共施設等総合管理計画

登録日:2019年4月1日

公共施設等総合管理計画とは

 公共施設等総合管理計画とは「地方公共団体が所有する全ての公共施設等を対象に、地域の実情に応じて、総合的かつ計画的に管理する計画」のことです。
 平成26年4月22日付けで全ての地方公共団体に対して総務省から公共施設等総合管理計画の策定要請がありました。

計画の目的

 能美市では、人口の増加や行政需要の拡大などを背景に、公共施設等の建設・整備を進めてきました。一部の公共施設等は、月日の経過に伴い、老朽化が顕在してきています。今後、人口減少や人口構成の変化とともに財政支出の構造が大きく変化することが予測される中で、適切な改修、更新等を行い、財政負担の平準化を図りながら、公共施設等を最適な状態で持続可能なものとしていくことが大きな課題となってきたことから、本計画を策定し、保有する公共施設等の総合的かつ計画的な管理をすることとします。

対象範囲

 小中学校、市民利用施設、庁舎等の公共施設(普通財産を含む)だけでなく、道路・橋りょう、上水道、下水道等のインフラ資産も含めることとします。

計画期間

 平成27年度から令和6年度までの10年間とし、適宜見直しを行うこととします。

お問い合わせ先

総務部 管財課

電話番号:0761-58-2205 ファクス:0761-58-2290