このページの本文へ移動する

ひとり親サービス

登録日:2019年4月1日

ひとり親家庭等福祉手当

児童を養育するひとり親家庭の方に福祉手当を支給します。

対象者

児童を養育している母子家庭の母、父子家庭の父及び養育者(ひとり親の児童を養育している方)
月額 児童1人につき2,000円

注:児童とは、乳幼児と小学校、中学校及び高等学校に就学している18歳までの児童をいいます。 

ひとり親家庭等医療助成金

ひとり親家庭の方の保険診療分の医療費を助成します。

対象者

父と子、母と子、両親のいない子とその養育者(子が18歳に達した年度末まで)

寡婦等医療費特別助成

父子・母子家庭として児童を養育していたことのある人に対し、医療費の医療保険一部負担金から3,000円を差し引いた額の1/2の額を助成します。

対象者

以下の要件をすべて満たす方

  • ひとり親家庭として児童を養育し、かつて本市のひとり親医療費助成の対象であった方
  • 65歳の誕生月の末日までの方(1日生まれの方は誕生日の前月まで)
  • 市民税非課税世帯に属する方(生活保護受給者を除く)
  • 同一世帯以外の者の健康保険等医療保険の被扶養者、又は所得税法上の扶養親族になっていない方

注:助成を受けるには資格認定請求書の提出が必要です。 

ダウンロード

児童扶養手当

父母の離婚などの理由により、父親(母親)と生計を別にしている、18歳に達した最初の3月までの児童(重・中度の心身障害児の場合は20歳未満)を監護している母(父)、または母(父)に代わって養育をしている方に支給されます。

平成26年12月から児童扶養手当と公的年金の併給ができるようになりました。

これまで公的年金(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給される方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額(注)より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります。
児童扶養手当を受給するには、子育て支援課への申請が必要です。

注:児童扶養手当の月額は、受給資格者の前年の所得により、その一部が支給停止になる場合があります。その場合は一部支給停止後の額との比較になりますので、ご注意ください。 

関連情報

  厚生労働省ホームページ

1. 手当の支給額

対象児童数 全部支給 一部支給 
1人目 42,500円 42,490円~10,030円
2人目 10,040円 10,030円~5,020円
3人目以降 6,020円 6,010円~3,010円

支給区分は、所得に応じて算定されます。

注:手当額は物価スライド制により変動します。 

2. 手当の支給日

支払日 対象月
12月11日 8月分~11月分
4月11日 12月分~3月分
8月11日 4月分~7月分

支給日が土曜日・日曜日・祝日に当たる場合は、その直前の金融機関の営業日となります。

3. 所得制限限度額(円)

扶養親族数 母(父)または養育者 孤児等の養育者
配偶者
扶養義務者
全部支給 一部支給
0人 490,000 1,920,000 2,360,000
1人 870,000 2,300,000 2,740,000
2人 1,250,000 2,680,000 3,120,000
3人 1,630,000 3,060,000 3,500,000
4人 2,010,000 3,440,000 3,880,000
5人 2,390,000 3,820,000 4,260,000

4. 現況届

児童扶養手当を受給されている方は、毎年8月に児童扶養手当現況届を提出しなければなりません。
この届けは8月1日現在における受給者の状況を記載していただき、それに基づき、それ以降1年間の手当額が決定されます。

注:各手続きについては、受給要件により持参していただく書類等が異なりますので、子育て支援課にご相談ください。

自立支援教育訓練給付金制度

母子家庭の母の就業促進と自立支援を目的とし、就職に必要なパソコンやホームヘルパーなどの講座を受講するときはその講座を終了した時点で費用の6割(20万円上限)を給付します。事前に申請が必要。所得制限もあります。

対象者

児童扶養手当を受給、又は同様の所得水準にある方

高等学校職業訓練促進給付金制度

経済的自立に効果的な看護師、准看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士歯科衛生士、美容師、社会福祉士、製菓衛生師、調理師の資格を習得するために3年以上養成機関等で修学する場合、生活費の負担軽減のため一定期間月額100,000円を支給します。所得制限もあります。

能美市ファミリー・サポート・センター 一人親利用サービス券交付

能美市ファミリー・サポート・センター(以下ファミサポ)では、会員で一人親の方を対象に
ファミサポの利用料金を補助するため、年間10,500円分(300円×35枚)のチケットを
交付しています。

対象者

能美市ファミリー・サポート・センター会員
小学校6年生までの子どもを持つ一人親家庭

注:交付を受けるには、ファミサポの会員登録ならびにサービス券交付申請書の提出が必要です。印鑑と親子の健康保険証をお持ちください。会員登録は無料です。
手続き窓口は、能美市社会福祉協議会内ファミリー・サポート・センターになります。
能美市ふれあいプラザ2階までお越しください。
  
(住所 能美市寺井町た8番地1  電話 0761-58-6230)

お問い合わせ先

健康福祉部 子育て支援課

電話番号:0761-58-2232 ファクス:0761-58-2293