このページの本文へ移動する

産地を、旅する。九谷焼の芸術祭KUTANism 開幕!

登録日:2022年9月22日

 

産地を、旅する。九谷焼の芸術祭KUTANism開幕!10月15日(土曜日)-12月11日(日曜日)

クタニズムのロゴ

KUTANismチラシ(1MB)(PDF文書)

能美・小松両市で九谷焼の芸術祭

 能美・小松両市の連携事業で、色鮮やかな焼き物「九谷焼」を、見る/知る/めぐる、芸術祭『KUTANism(クタニズム)』。4回目を迎える今年度は「産地を、旅する。」をテーマにワークショップなど、さまざまな体験イベントをお届けします。

 10月15日(土曜日)、16日(日曜日)には九谷焼陶芸村で九谷陶芸村まつりも開催されます!

KUTANism 公式サイト

名工選「NEXT九谷vol.IV」展

  10月15日(土曜日)-12月11日(日曜日) 9時~17時(入場は16時30分まで)

会  場 : KAM能美市九谷焼美術館|五彩館|

入館料  : 大人 430円(20名以上の団体は370円)、75歳以上 320円、高校生以下 無料

注:障がい者と介護者1名は無料 

休館日 : 月曜日

 

 企画はKAM能美市九谷焼美術館|五彩館|の中矢進一館長。能美・小松両市の名工、伝統工芸士と中矢館長の計14名が選んだ次世代を担う九谷焼作家総勢46名の力作が一堂に。4回目の今年のテーマは「個性創造」。過去3回は「伝統」に重点を置きましたが、今年は新たな創造の時代を見据えて「NEXT九谷」が飛躍します。

 同期間に九谷セラミック・ラボラトリ-(小松市)で「クタニの道具展」を開催。いずれかの半券で、もう一方の展覧会が割引になります。

 名工選のイメージ画像

屋台形式のグルメを九谷焼紙皿で頂く「九谷よこちょ」

10月15日(土曜日)・16日(日曜日) 10時~17時

会  場 : 九谷陶芸村内、KAM能美市九谷焼美術館|五彩館|駐車場

出  店 : 和食、イタリアン、フレンチなど約10店予定 

注:飲食は全て、会場内の飲食スペースでお願いします。

九谷よこちょのイメージ画像

九谷焼体験イベント

10月16日(日曜日) 受付時間 9時50分~12時、13時50分~15時20分

注:当日会場受付のみ。体験可能人数に限りがございます。

会  場 : 根上総合文化会館 円形ホール

九谷陶芸村でできる新作を含めた多彩な九谷焼体験が出張

・サンリオキャラクター「マイメロディ」絵付け体験スタート

・星のカービィやハローキティの絵付け体験

・SDGs × 伝統工芸 九谷陶片「ハッピース」体験スタート

・九谷焼ろくろ体験

ハッピース

北陸新幹線県内全線開業に向けて、九谷焼の現在と未来を楽しくトーク 「クタニズムシンポジウム」

10月16日(日曜日) 13時30分~15時予定

第1部 13時30分~

塚田誉アナウンサーらの九谷焼絵付け体験とトーク

第2部 14時~15時予定

北陸新幹線県内全線開業に向けて、九谷焼の現在と未来を語るトーク。

文化観光、九谷焼の新しいカタチ、料理と器のおもてなしや九谷焼の文化価値などさまざまな見地から、楽しく九谷焼、「クタニズム」を語り合います。

会  場 : 根上総合文化会館 音楽ホール

ゲスト(敬称略) : 唐澤昌宏(国立工芸館館長)、浅蔵一華(九谷焼作家)、しもおきひろこ(料理研究家)、塚田誉(テレビ金沢アナウンサー)、宮橋勝栄(小松市長)

進行役 : 井出敏朗(能美市長)

 シンポジウム2019年の様子

2019年のシンポジウムの模様

イベント概要

開催日:2022年10月15日 から 12月11日

お問い合わせ先

産業交流部 観光交流課

電話番号:0761-58-2211 ファクス:0761-58-2297