このページの本文へ移動する

【災害情報】浸水した家屋の清掃と衛生対策について

更新日:2022年8月19日

浸水した家屋の清掃と衛生対策について

浸水被害があった地域では、衛生環境が一次的に不良な状態となり、細菌性の下痢などの感染症や食中毒が発生しやすい状況になります。

家屋が浸水した場合

路面が冠水すると下水道が逆流する可能性があります。

下水道には汚水が混入している場合がありますので、洗浄により十分に汚れを除去して消毒するようにしてください。

消毒は、洗浄後でないと、効果を発揮することができません。

衛生対策について

1)床上浸水の場合

家の周囲や床下などにある不要なものや汚泥などを片付けてください。

水が引いた後、濡れた畳や家の中の不要なものを片付けてください。

汚れた家具や床・壁などは、水で洗い流すか、雑巾で水拭きし、消毒するなどしてください。

食器類や調理器具などは、水洗いして汚れをきれいに洗い流し、消毒してください。

食器棚や冷蔵庫などは、汚れをきれいに拭き取り、消毒してください。

2)床下浸水の場合

家の周囲や床下になどにある不要なものや汚泥などを片付けてください。

床下は雑巾等で吸水し、扇風機等により換気するなど乾燥に努めてください。

日本環境感染学会「一般家庭における洪水・浸水など水害時の衛生対策と消毒方法」では、

屋外(床下や庭)の消毒は原則不要とされています。

3)消毒方法について
・ゴム手袋、長靴、ゴーグル等を着用して作業してください。
【市では手動噴霧器の貸出と、屋内用薬剤の提供を実施しています】

貸出開始日:令和4年8月7日(日曜日)~

貸出場所:健康福祉センター「サンテ」:受付時間 8:30~17:15(平日のみ)

     災害手続ワンストップ窓口でも貸出できます。

貸出台数:一世帯につき1台

貸出期間:2日間

提供薬剤の種類:屋内用消毒薬 10%オスバン(塩化ベンザルコニウム)

お問い合わせ:能美市 健康推進課 電話0761-58-2235

消毒薬 対象 使い方

10%オスバン

(塩化ベンザルコニウム)

食器類

流し台

浴槽

家具類

0.1%に希釈する

(1)泥などの汚れを洗い流すか、雑巾などで水拭きしてから、十分乾燥させる。

(2)調整した液を浸した布などでよく拭く。

 【その他参考資料】

厚生労働省資料「浸水した家屋の感染症対策(790KB)(PDF文書)」「浸水した家屋の消毒手順(579KB)(PDF文書)

 

 浸水した家屋の感染症対策

 浸水した家屋の消毒手順浸水した家屋を清掃される方へ

 

お問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課

電話番号:0761-58-2235 ファクス:0761-58-6897