このページの本文へ移動する

★この展示は終了しました。
「能美ふるさとミュージアム展」

登録日:2020年10月1日

 

「能美ふるさとミュージアム展」

令和2年10月17日、かねてから建設しておりました待望の新しい博物館「能美ふるさとミュージアム」通称「のみふる」が完成し、能美の自然や歴史、民俗を総合的に学べる施設として10月17日に開館いたしました。能美市には北陸最大級の前方後円墳「秋常山一号墳」をはじめとする多くの古墳が集中しており、「のみふる」では、古墳群から出土した300点にのぼる豊富な資料を展示しています。中でも、日本最古の文字が書かれた「刻書須恵器」は一見に値します。本展示では、子どもから大人まで楽しめるミュージアム完成の喜びを皆様と分かち合えればと思い、博物館の場所や展示室の説明を記載したパネルを設置しています。

 

展示期間

令和2年10月1日(木曜日)~10月30日(金曜日)

展示内容

・能美ふるさとミュージアムについて
・展示室の説明
・関連イベントについて
・尖頭器(複製品)
・墨書土器(複製品) など

お問い合わせ先

企画振興部 市長戦略課

電話番号:0761-58-2204 ファクス:0761-58-2291