このページの本文へ移動する

九谷焼職人のまち

更新日:2020年8月11日

picture

 

緑、黄、紫、赤、紺青の五彩を駆使し、時に華麗で繊細、時に力強く大胆な上絵を施す九谷焼。

約360年の歴史を誇る九谷焼は、日本を代表する伝統工芸のひとつです。

職人工房の使用者を募集しています

2019年4月に、九谷焼職人の育成を支援する工房「職人工房」が新たにオープンしました。

職人工房の使用者の募集について

 

多くの方が活躍されています

伝統工芸九谷焼の産地である能美市には、先人たちが積み重ねてきた伝統を大切にしながら、

新たな感性で独自の世界観を追求する作り手を紹介します。

福島武山さん

上出惠悟さん、北村康司さん、柴田鑑三さん

柴田有希佳さん

 

Wear KUTANI(九谷焼アクセサリー)の制作に取り組んでいます

九谷焼の魅力をもっとたくさんの方に知っていただきたい

九谷焼のアクセサリーを作り、気軽に普段愛用していただきたい

そんな想いを持つ女性作家達が、今「Wear KUTANIプロジェクト」に取り組んでいます。

Wear KUTANIについて

 

将来の九谷焼を担う人材を育成する九谷焼技術研修所

幅広い分野からの一流の講師陣のもと、陶芸の知識・技術を学ぶことができます。 

特に、上絵付技法に関しては他に類のない、専門性の高いカリキュラムとなっています。

あなたも伝統ある九谷焼の世界で、創り出す喜びを見つけませんか?

石川県立九谷焼技術研修所について

お問い合わせ先

企画振興部 地域振興課

電話番号:0761-58-2212 ファクス:0761-58-2291