このページの本文へ移動する

ロシア風新年会

登録日:2019年4月1日

  ロシア風新年会 開催!

     

   日時:令和2年12月14日(土曜日)14:00~16:30

   場所:寺井地区公民館 大ホール

   対象:園児(4歳以上)、小学生およびその家族

   参加費:200円/人 お菓子作りを参加する場合は別途100円

   定員:100名(先着順)

   ロシアからやって来るデド・モローズ(寒さおじいさん)やスネグーロチカ(孫娘)と遊んだり、

   歌を歌ったり、踊ったり、一緒に写真を撮りましょう!かわいいプレゼントももらえます。


  【要申込】

  申込期間:11月7日(木曜日)~12月6日(金曜日)

  申込・問合先:能美市国際交流協会 電話 0761-57-3751


 ▼ 昨年度のロシア風新年会について

12月22日(土曜日)に今年で5回目となる「ロシア風新年会」を開催しました。能美シェレホフ親善協会をはじめ、県内在住のロシア人や一般市民など多くの方々にご協力をいただきました。ロシア人だけではなく、中国・韓国・ケニア・ベトナム・マケドニア出身の方々も参加され、大いに交流を図りました。

参加者は、駅に見たてた各体験コーナーをグループ毎に回りました。『お菓子駅』では、誰でも簡単にできる「カルトーシカ」というじゃがいもの形をした人気菓子を作り、『工作駅』では、お正月の切り紙飾りを作りました。『遊び駅』では、大人も子供もロシアの伝統的な遊びである「縄の円」を楽しみ、会場内は笑い声で溢れていました。『文字駅』では、世界一難しいと言われる言語であるロシア語に挑戦し、各自が自分の名前をロシア文字で書けるようになりました。『ビデオあいさつ駅』では、姉妹都市シェレホフ市のためのお正月プレゼントとなるビデオレターを作りました。そして『茶話駅』では、珍しいロシアのお菓子やロシアの紅茶を飲み、ロシア食文化の話を学びました。その他に子供コーナー、ロシアのお正月を紹介するポスターと国際交流活動を紹介するポスターの掲示コーナー、ロシアのお土産コーナーが用意され、異文化を知る機会となりました。

毎年、ロシアから来てくれる「デド・モローズ(寒さおじいさん)」とその孫娘の「スネグーロチカ(雪姫)」が登場すると、参加者は二人とお正月の遊びと踊りを楽しみました。そして、シェレホフ市からの新年挨拶ビデオレターも観賞しました。シェレホフ市は遠くにありますが、両市の市民はこのように互いの生活に参加できるということは非常に嬉しいことです。最後に、デド・モローズとスネグーロチカはお礼に参加者全員にプレゼントを贈りました。そして、参加者と一緒にたくさんの写真を撮り、ロシアに帰って行きました。

下記に「カルトーシカ」のレシピも掲載してありますので、ぜひご家庭で作ってみてください。とても甘くて美味しいですよ。ご協力くださった皆様、どうもありがとうございました。

 

追加情報

カルトーシカのレシピ 
新年会の写真(能美市公式Facebook)

新年会のビデオ(能美市公式Youtube)

お問い合わせ先

産業交流部 観光交流課

電話番号:0761-58-2211 ファクス:0761-58-2297