このページの本文へ移動する

国民年金 納付に関する申請・給付に関する請求

更新日:2021年4月1日

国民年金の保険料納付に関する申請

届出先

保険年金課または根上・寺井サービスセンター

申請が必要なとき

1:学生納付特例制度の適用

 20歳になったら、学生でも国民年金に加入して保険料を納付しなければなりません。
 ただし、本人の所得が一定以下の場合は、申請すると在学中の保険料を卒業後に納付することができます。

2:納付猶予制度の適用

 50歳未満の方は、本人や配偶者の所得が一定以下の場合は、申請すると保険料の納付が猶予されます。
注:平成28年7月より対象年齢が30歳未満から50歳未満までに変更されました。

3:申請免除を受ける

 経済的な理由などから保険料の納付が困難な場合、申請すると保険料の納付が免除されることがあります。

4:法定免除を受ける

 障害基礎年金、1・2級の厚生・共済の障害年金の受給者、生活保護の生活扶助受給者等は届出をすると保険料の納付が免除されます。

国民年金の受給に関する請求

提出先

保険年金課または根上・寺井サービスセンター

請求が必要なとき(年金等の受給請求)

  • 老齢基礎年金 
  • 遺族基礎年金 
  • 障害基礎年金(保険年金課のみ受付可能です。)
  • 寡婦年金 
  • 死亡一時金 
  • 未支給請求

但し、原則として被保険者期間が国民年金だけの方に限ります。
そのほかの場合は一度、小松年金事務所(0761-24-1791)へご相談ください。

関連情報

 

お問い合わせ先

健康福祉部 保険年金課

電話番号:0761-58-2236 ファクス:0761-58-2293