このページの本文へ移動する

国民年金 付加保険料

登録日:2019年4月1日

国民年金「付加保険料」の対象者

 国民年金の第1号被保険者と、任意加入被保険者が付加保険料の対象者になります。
 第2号、第3号被保険者や、保険料の免除や納付特例を受けている方、また国民年金基金の加入者は対象外です。

注:国民年金には20歳以上60歳未満の全ての国民が加入することになっていて、被保険者は次の3つのグループに分かれています。

  1.  第1号被保険者:第2号、第3号以外の方 
  2.  第2号被保険者:厚生年金、共済組合の加入者本人 
  3.  第3号被保険者:第2号被保険者の被扶養配偶者

注:任意加入被保険者は次の2つになります。

  1. 老齢基礎年金の満額受給に期間が不足するために年金額を増やしたい方は、65歳になるまでの間
  2. 国外に居住する20歳以上65歳未満の日本人の方

付加保険料の額は

付加保険料

 付加保険料は『月額400円』です。
 通常の保険料に加算して納入します。 

付加年金の額は

 付加年金額は、付加年金の納付月数×200円になります。

  • 付加年金は、老齢基礎年金と合わせて受給できる終身年金ですが、定額のため、物価スライド(増額・減額)はありません。
  • 付加保険料の納付は、申し込んだ月分からになります。また、納付期限を過ぎると納付できません。納付期限は翌月末日(休日・祝日の場合は翌営業日)です。

加入申し込み書の提出先

保険年金課、根上・寺井窓口センターまたは小松年金事務所まで

お問い合わせ先

健康福祉部 保険年金課

電話番号:0761-58-2236 ファクス:0761-58-2293