このページの本文へ移動する

国民年金 資格に関する届出

更新日:2021年4月1日

届け出が必要なとき

  • 20歳になったとき (厚生年金、共済年金加入者を除く)   
  • 厚生年金・共済年金に加入されたとき 
  • 厚生年金・共済年金に加入中の方と結婚しその被扶養配偶者となったとき   
  • 厚生年金・共済年金の加入をやめたとき (扶養している配偶者がいる方は配偶者分の届け出も)
  • 任意加入されるとき、任意喪失されるとき(60歳以上70歳未満の任意加入者など)
  • 厚生年金・共済年金に加入の配偶者の扶養から外れたとき(離婚したときや収入が増えたときなど)
  • 厚生年金・共済年金に加入の配偶者が65歳になって適用外となったとき  

 届出は、保険年金課または根上・寺井サービスセンターまで  

就職・退職したとき(厚生年金・共済年金に加入または脱退)

 国民年金に加入されていた方が就職し、厚生年金または共済年金に加入されたとき。

 

  ご持参いただくもの

  1. 勤務先より交付された健康保険証
  2. 年金手帳
  3. 来庁された方の身分証明(マイナンバーカード、運転免許証など)
  4. マイナンバーが分かる書類(マイナンバーカード、通知カードなど)

 退職(1号該当):厚生年金・共済年金を脱退

 会社員や公務員の方が退職されたとき。

 また、配偶者が退職される方の被扶養者となっている場合はその方の分も合わせて届出をお願いします。 

 

注:配偶者が退職される方の被扶養者となっている場合は、配偶者の年金手帳も必要です。

 

 ご持参いただくもの

  1. 厚生年金・共済年金の資格の喪失日が分かる書類(離職票など)

    注:お持ちでない場合は勤務先等へ確認させていただくことになります。

  2. 年金手帳

    注:配偶者が退職される方の被扶養者となっている場合は、配偶者の年金手帳も必要です。 

  3. 来庁された方の身分証明(マイナンバーカード、運転免許証など)
  4. マイナンバーが分かる書類(マイナンバーカード、通知カードなど)

配偶者(厚生年金・共済年金加入者)の扶養から外れたとき
配偶者が退職して厚生年金・共済年金の資格を喪失したとき
厚生年金・共済年金に加入している配偶者が65歳になったとき

3号喪失:

 国民年金の第3号被保険者(厚生年金・共済年金の夫や妻に扶養されていた配偶者)の方は、下記に該当するとき、第1号被保険者への切り替え(種別変更)の手続きが必要です。

  • 本人の所得増及び職の変更などにより扶養から外れた
  • 配偶者が退職し厚生年金・共済年金の資格を喪失した
  • 厚生年金・共済年金に加入している配偶者が65歳になった

 

 ご持参いただくもの

  1. 扶養から外れた日が確認できる書類
  2. 年金手帳
  3. 来庁された方の身分証明(マイナンバーカード、運転免許証など)
  4. マイナンバーが分かる書類(マイナンバーカード、通知カードなど)

配偶者(厚生年金・共済年金の加入者)の扶養になったとき

3号該当:

 結婚に伴い厚生年金・共済年金の夫や妻に扶養されることになった方(被扶養配偶者)や、所得減により被扶養配偶者になった場合は、第1号被保険者から第3号被保険者への切り替え(種別変更)が必要です。

 配偶者の勤務先でお手続きをお願いします。

その他の届出

障がいを持ったとき

 障害者手帳などとは別に年金独自の審査により判定される「障害年金」という制度があります。

 障害が発生し、初めて医師の診察を受けたときに国民年金に加入していた場合は保険年金課にて請求できます。

 年金保険料の納付状況の確認などが関わってきますので、小松年金事務所のお客様相談室:0761-24-1791(平日8時30分から17時15分)へご相談されることをお勧めいたします。なお、お電話は自動音声でのご案内がありますので、「自動音声の流れ(138KB)(PDF文書)」をご参照ください。

お亡くなりになったとき

 国民年金のみ受給されていた方が亡くなった場合は、「国民年金未支給(年金・年金給付)請求書」により手続きが必要です。

 それ以外は年金事務所や各共済組合で手続きが必要です。


 

お問い合わせ先

健康福祉部 保険年金課

電話番号:0761-58-2236 ファクス:0761-58-2293