能美市

海山川の恵みと人が輝くやすらぎのまちづくり

携帯サイト

文字を大きくする文字を標準の大きさにもどす文字を小さくする
 
現在位置:HOMEの中の暮らしの中の戸籍・住民登録の中のマイナンバーからマイナンバーカードの交付

マイナンバーカードの交付

マイナンバーカードを申請された方へ交付準備が整い次第、通知をお送りしています。



交付場所


市民窓口課・寺井窓口センター・根上窓口センターの3ヶ所
住所地の地区が交付場所となっておりますが、他の交付場所に変更することもできます。
交付指定場所以外での受取を希望される場合は必ず、4日前までに、市民窓口課(0761-58-2213)まで電話で連絡のうえおこしください。



受付時間


平日 月~金 午前9時~午後4時30分

マイナンバーカード交付のための休日窓口を開設します!
月30日(日)
休 日  午前9時~正午
場 所  能美市役所市民窓口課 本庁舎(辰口)1階
※窓口センターでは休日窓口を開設しません。窓口センターが交付場所になっている方で、本庁舎の休日窓口においてマイナンバーカードの交付を希望される方は、来庁日の4日前までに、連絡をお願いします。


交付指定場所を変更する方、休日窓口を利用される方へ


希望日の4日前までに連絡をお願いいたします。

電話で連絡する 市民窓口課(0761-58-2213)
氏名・住所・交付希望日時・交付場所をお伝えください。

※マイナンバーカード受取の予約システムは平成28年6月末をもって終了いたしました。





マイナンバーカード交付時の持ち物


本人来庁の場合
1.個人番号カード交付通知書兼照会書(はがき) 暗証番号を考えて記載しておいてください。
2.本人確認書類 下記Aから1点、困難な場合はBから2点
3.通知カード
4.住民基本台帳カード(お持ちの方)
5.印鑑

法定代理人(15歳未満の子の親権者、成年後見人)来庁の場合
※交付申請者本人とともに来庁していただく必要があります。
1.個人番号カード交付通知書兼照会書(はがき)
  法定代理人の方が暗証番号を考えて記載しておいてください。
2.本人確認書類 下記Aから1点、困難な場合はBから2点
3.通知カード
4.住民基本台帳カード(お持ちの方)
5.印鑑
6.戸籍謄本その他資格を証明する書類(発行日から3か月以内のもの)
7.代理人の本人確認書類 下記Aから1点、困難な場合はBから2点

任意代理人来庁の場合
病気、身体の障害等やむを得ない理由により個人番号カード申請者の来庁が困難な場合は、本人が来庁せずに任意代理人がお受け取りできます。
1.個人番号カード交付通知書兼照会書(はがき)
   本人が暗証番号を考えて記載しておいてください。
2.通知カード
3.住民基本台帳カード(お持ちの方)
4.印鑑
5.カード申請者の本人確認書類 下記Aから1点とBから1点、またはBから3点 ※顔写真つきの本人確認書類が1点以上必要です。
6.代理人の本人確認書類 下記Aから2点、困難な場合はAから1点とBから1点
7.来庁できないことを証明する資料(診断書、障害者手帳、居所情報登録申請書
  すでに提出済みの方は必要ありません)
8.委任状(個人番号カード交付通知書兼照会書を委任状として使用できます。)


A官公署の発行した顔写真つきの本人確認書類
住民基本台帳カード(写真つき)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書、個人番号カード(代理人交付の方)
B官公署の発行した本人確認書類・その他
健康保険・介護保険の被保険者証、医療受給者証、年金手帳、各種年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、官公署発行の身分証明証・免許証等
預金通帳、民間企業の社員証、学生証、学校名が記載された書類等で、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載されているもので市長が適当と認めるもの

※本人確認書類は、有効期限内のもので、原本に限ります。



仕事や学業といった理由は、任意代理人がマイナンバーカードをお受け取りできる「やむを得ない理由」に該当しません。
平日、来庁できない方々のために休日窓口を開設しますので利用してください。



お問い合わせ
お問い合わせフォーム
市民課
Tel 0761-58-2213
Fax 0761-58-2293
よりよいウェブサイトにするためにご意見をおきかせください。
このページの情報は役に立ちましたか?



 
印刷用ページ
adobe

本サイトをご覧いただくためには、アドビリーダーが必要です。
こちらからダウンロードしてください。