能美市

海山川の恵みと人が輝くやすらぎのまちづくり

携帯サイト

文字を大きくする文字を標準の大きさにもどす文字を小さくする
 
現在位置:HOMEの中の観光の中の文化遺産をめぐるから能美古墳群保存整備事業

能美古墳群保存整備事業

国指定史跡 能美古墳群(のみこふんぐん)

能美古墳群は、能美市の平野部に点在する5つの独立丘陵「寺井山(てらいやま)」・「和田山(わだやま)」・「末寺山(まつじやま)」・「秋常山(あきつねやま)」・「西山(にしやま)」上に造られた古墳群の総称です。

これまで発見された古墳数は62基で、前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)、前方後方墳(ぜんぽうこうほうふん)、円墳(えんぷん)、方墳(ほうふん)の各種の墳形を網羅しています。

古墳時代前期から後期(3世紀~6世紀)にかけて古墳が継続的に造られており、この間、北陸最大級の前方後円墳である秋常山1号墳が出現するなど、墳形や大きさ、埋葬施設の変化を見ることができます。

出土品も鏡、甲冑(かっちゅう)、馬具(ばぐ)、須恵器(すえき)など豊富に出土しています。
能美古墳群は、北陸地方の古墳時代を知るうえで欠くことのできない古墳群であることから、平成25年10月17日付けで一体的な国史跡に指定されました。

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
歴史民俗資料館
Tel 0761-58-6103
Fax 0761-58-6404
よりよいウェブサイトにするためにご意見をおきかせください。
このページの情報は役に立ちましたか?



 
印刷用ページ
adobe

本サイトをご覧いただくためには、アドビリーダーが必要です。
こちらからダウンロードしてください。