現在位置:HOMEの中の観光の中の自然とふれあうから健康ロード(旧北陸鉄道能美線沿線)

健康ロード(旧北陸鉄道能美線沿線)

健康ロード

大正14年、九谷焼を全国、全世界へ向けて発信すべく、そして、豊かな穀倉地帯でもあった能美の作物を輸送すべく「北陸鉄道能美線」が開通しました。これによって、現在の根上地区・寺井地区・辰口地区を横断するかたちで鉄道が通り、地域住民にとっては文字通り「足」として、金沢・小松方面へ向かうため、あるいは、白山へ詣でるために利用されてきました。

戦中・戦後と活躍してきた通称「能美電」でしたが、年々利用者が減少し、昭和55年、惜しまれつつも廃線となってしまいました。

その16キロにもなる鉄道沿線はその後一部が整備され、現在「健康ロード」として桜並木が続いています。春は満開の桜、夏には心地よい木陰を、秋には暖かな木漏れ日を演出し、健康増進を目的として利用する多くの方に親しまれています。

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
博物館
Tel 0761-52-8050
Fax 0761-52-8052
よりよいウェブサイトにするためにご意見をおきかせください。
このページの情報は役に立ちましたか?



 
印刷用ページ
adobe

本サイトをご覧いただくためには、アドビリーダーが必要です。
こちらからダウンロードしてください。