現在位置:HOMEの中の観光の中の自然とふれあうから泉鏡花文学碑

泉鏡花文学碑

辰口温泉の温泉広場には、温泉掘削のいわれを記した石碑とともに、明治の文豪、泉鏡花の文学碑があります。

金沢で生まれ育った鏡花は、幼少の頃から頻繁に辰口温泉を訪れており、小説「海の鳴る時」の舞台にもなっています。記念碑は、彫刻家米林勝二が制作したもので、鏡花のレリーフと共に冒頭の文章が記されています。

幼くして母親を亡くした鏡花は、辰口温泉に住む叔母にたいへん可愛がられて育ちました。本好きだった甥っ子に、叔母は自分の小遣いから本代を渡したといわれています。明治23年の夏、叔母のもとを訪れた鏡花は、そこで後に師事する尾崎紅葉の「夏痩せ」を読んで大変感動し、作家の道を志したといわれています。辰口温泉は文豪泉鏡花を生み出した地といえるかもしれません。


お問い合わせ
お問い合わせフォーム
博物館
Tel 0761-52-8050
Fax 0761-52-8052
よりよいウェブサイトにするためにご意見をおきかせください。
このページの情報は役に立ちましたか?



 
印刷用ページ
adobe

本サイトをご覧いただくためには、アドビリーダーが必要です。
こちらからダウンロードしてください。