能美市

海山川の恵みと人が輝くやすらぎのまちづくり

携帯サイト

文字を大きくする文字を標準の大きさにもどす文字を小さくする
 
現在位置:HOMEの中のイベントから第4回地方創生フォーラムin能美 東京おもちゃ美術館の多田千尋館長講演と木育キャラバン
前ページへ戻る 

第4回地方創生フォーラムin能美 東京おもちゃ美術館の多田千尋館長講演と木育キャラバン

日時2016年2月27日(土曜日) 10時0分
イベントイベント・催し
内容

能美創生は「ひとづくり」からスタートする。
自分たちの暮らすまちは、自分たちがつくっていく。
第1次能美市総合計画(平成19年度~平成28年度)は、「市民が主役の自立型まちづくり」をうたっています。

今後、人口減少社会を迎えるにあたり、平成27年度、能美市は
 「まちの未来を当事者(自分事)として考え、行動するひとをつなげる場」をつくっています。

「能美」の語源は「物事を成し得るすばらしい力と美しい自然環境のある地」。
自分たちの暮らすまちを、自分たちでつくり、人口減少社会でも元気で豊かな能美市を持続していきましょう。


第4回地方創生フォーラムin能美 ~「自分ごと」でまち・ひと・しごとを考えよう~
日時:平成28年2月27日(土)10時~15時
場所:根上総合文化会館(石川県能美市大成町ヌ118)
テーマ:子育ての希望をかなえる、木育(もくいく)
※木育とは、「平成16年3月に北海道で生まれた言葉です。子どもをはじめとするすべての人が
 『木とふれあい、木に学び、木と生きる』取り組みで、子どもの頃から木を身近に使っていくことを通じて、
 人と、木や森とのかかわりを主体的に考える豊かな心を育むことです。」
 (出典:一般財団法人 地域活性化センター『地域づくり』2015・12月号、P8)

10時 施設内「小ホール」にて開催
基調講演 「ウッドスタートが多世代社会を変える ~赤ちゃんから始める生涯木育~」
講師 多田 千尋 氏 (東京おもちゃ美術館館長、認定NPO法人日本グッド・トイ委員会理事長)
(プロフィール)
 明治大学法学部卒業後、プーシキン大学に留学し、幼児教育や児童文学などを研究。
 昭和60(1985)年に、おもちゃ文化による人々のクオリティ・オブ・ライフの向上を目指して、
「グッド・トイ」の認定機関である日本グッド・トイ委員会を設立。
 平成20(2008)年に廃校跡に東京おもちゃ美術館を創設。
 平成23(2011)年度から新宿区で開始した地産地消のおもちゃ促進「ウッドスタート」事業は
全国の市町村でも注目を集めている。
 また、遊びの専門家「おもちゃコンサルタント」養成講座を25年間開講し、
全国には5,000 人を超える有資格者が誕生している。

11時ごろ(基調講演終了次第) 施設内「円形ホール」にて開 
東京おもちゃ美術館「ミニ木育キャラバン」 国内外の良質な木のおもちゃで遊ぼう!!
木育体験ワークショップ 木琴、木の笛、お箸づくりなどを体験しよう!

13時15分 施設内「音楽ホール」にて開催
地域力創出支援事業 成果報告会 
親子農業体験、里山文化を子どもたちに伝える市民団体から成果発表します

同日開催 別会場「子育て支援センター」にて開催
春まちぽかぽかプロジェクト「絵本カフェ」
10時~14時 子育て支援センター(能美市寺井町た8番地1、ふれあいプラザ1階)
主催:能美市社会福祉協議会

■主催
能美市

■後援
能美市商工会、能美市婦人団体協議会、能美市社会福祉協議会

■協力
認定NPO法人日本グッド・トイ委員会、東京おもちゃ美術館

■チラシ(PDF)

画像第4回地方創生フォーラム 多田千尋氏講演&木育キャラバン
関連リンク東京おもちゃ美術館(認定NPO法人日本グッド・トイ委員会)
問い合わせ
地域振興室
能美市来丸町1110番地
電話番号:0761-58-2212
FAX番号:0761-58-2291
chiiki@city.nomi.lg.jp