能美市

海山川の恵みと人が輝くやすらぎのまちづくり

携帯サイト

文字を大きくする文字を標準の大きさにもどす文字を小さくする
 
現在位置:HOMEの中のイベントから地方創生フォーラム in 能美 基調講演に『里山資本主義』の藻谷 浩介氏!
前ページへ戻る 

地方創生フォーラム in 能美 基調講演に『里山資本主義』の藻谷 浩介氏!

日時2015年5月23日(土曜日) 13時0分
イベントイベント・催し
内容

■盛会御礼 基調講演の講師資料をご用意しております。
5月23日(土)は地方創生フォーラムin能美にご参加いただきありがとうございました。
現在、講師の藻谷浩介氏の講演資料をフォーラム出席者のうち希望者に配布しております。
ご希望の場合は電子メール(chiiki@city.nomi.lg.jp)で、件名「地方創生フォーラム
資料希望」、お名前をお書き添えの上ご連絡ください。

電子メールの環境が無い方には、印刷したものを地域振興室にてご用意します。
お気軽に地域振興室(℡0761-58-2212)にお問い合わせください。



■能美創生は「ひとづくり」からスタートする。

自分たちの暮らすまちは、自分たちがつくっていく。
第1次能美市総合計画(平成19年度~平成28年度)は、
「市民が主役の自立型まちづくり」をうたっています。

今後、人口減少社会を迎えるにあたり、能美市では、
 「まちの未来を当事者(自分事)として考え、
 行動するひとをつなげる場」
をつくっていきます。

「能美」の語源は「物事を成し得るすばらしい力と美しい自然環境のある地」
自分たちの暮らすまちを、自分たちでつくり、
人口減少社会でも元気で豊かな能美市を持続していきましょう。

■地方創生フォーラム in 能美 ~「自分ごと」でまち・ひと・しごとを考えよう~
日時:平成27年5月23日(土)13時~17時
場所:能美市寺井地区公民館(石川県能美市寺井町ヨ47)

第1部
基調講演「人口減少社会の“住みかた、暮らしかた”」
藻谷 浩介 氏(日本総合研究所 調査部 主席研究員)
(プロフィール)    
1964年山口県
生まれ。平成合併前3,200市町村のすべて、海外59ヶ国をほぼ私費で
訪問し、地域特性を多面的に把握。近著に『デフレの正体』、第7回新書大賞受賞作
『里山資本主義』(共に角川Oneテーマ21)、『藻谷浩介対話集 しなやかな日本
列島のつくりかた』(新潮社)など


第2部
パネルディスカッション「“自分ごと”からはじめる“まちづくり”」
コーディネーター 
高峰 博保 氏(株式会社「ぶなの森」代表取締役)
パネリスト  
西田 栄喜 氏(日本一小さい専業農家「風来」オーナー、能美市出身・大成町在住)
岡田 直人 氏(九谷焼作家、愛媛県出身・徳山町在住)
東山 彩子 氏(グラフィックデザイナー、富山県出身・牛島町在住)
河並 奈々 氏(まちづくり体験活動「はぐはぐ」代表、大阪府出身・緑が丘在住)
河村 尚人 氏(寺井町中心街活性化プロジェクト てらかつ協議会メンバー、能美市出身・寺井町在住)

■主催
能美市

■後援
能美市商工会、能美市婦人団体協議会、能美市社会福祉協議会

画像5月23日地方創生フォーラム in 能美
問い合わせ
地域振興室
能美市来丸町1110番地
電話番号:0761-58-2212
FAX番号:0761-58-2291
chiiki@city.nomi.lg.jp