能美市

海山川の恵みと人が輝くやすらぎのまちづくり

携帯サイト

文字を大きくする文字を標準の大きさにもどす文字を小さくする
 
現在位置:HOMEの中のまちづくりへの参加から地域おこし協力隊

地域おこし協力隊


地域おこし協力隊とは     

 「地域おこし協力隊」とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、都市住民など地域外の人財を地域社会の新たな担い手として受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持強化を図る活動です。


平成29年度能美市地域おこし協力隊を募集中です!
 詳しい募集要項はページ下に掲載しています。
募集説明予定

(1) 2月12日(日)ローカルライフを楽しもう 移住交流フェア 11:00~17:00
  (東京国際フォーラム E1ホール、ブース番号:移住情報コーナー「10」)

(2) 2月21日(火)地域おこし協力隊 合同募集セミナー 18:30~21:00
  (移住・交流情報ガーデン 1階オープンスペース)

(3) 2月26日(日)いしかわ暮らしセミナー & 個別相談会 17:00~19:00
  (ふるさと回帰支援センター) ※個別相談会の時間に対応いたします



平成28年10月7日(金)に能美市地域おこし協力隊が委嘱されました。
 能美市初の地域おこし協力隊の大武隊員は今後、移住交流体験ツアーの企画運営、地域の空いたポジションのコーディネート(後継者を必要としているところへ、後継希望者をつなぐ)の任務で活動します。
 また、協力隊卒業後に向けた起業の取組も進めていきます。

◆能美市地域おこし協力隊ブログ◆ 「ダイブGO!のみ散歩」

 ↓「広報能美11月号」より

地域おこし協力隊・大武隊員着任挨拶




能美市が目指すところ

 平成17年(2005年)2月の合併以来、30代子育て世代の転入を中心に、市全体の人口は増えています。その一方で中山間地は人口が減り、高齢化も進み、地域間格差が広がっています。将来の人口減の流れは簡単に避けることはできませんが、「人口が減っても大丈夫な持続可能なまち」を目指しています。

 ずっと安心して暮らし続けられるまちになると同時に、若者がチャレンジできる環境、ここで暮らしていきたいと思える地域を作りつつ、そのような若者を応援する大人を増やし、未来の可能性を感じられるまちを作っていきたいと思っています。




平成29年度能美市地域おこし協力隊 募集要項

 認定NPO法人えんがわ(地域運営組織)のマネージャーの役割を担う、地域おこし協力隊を募集します。
 認定NPO法人えんがわは、地域の買い物弱者の買い物支援(無償送迎、コミュニティストア運営)や高齢者の生活支援、困りごと相談をおこなっている、住民主体で運営されている地域運営組織です。

 具体的な役割としては以下のような業務などをおこないます。
① 賛助会員500名の集金業務(週3~4日)
② 「認定NPO法人えんがわ」が取り次ぐ地域産品を関西圏で販売する事務
  (運送会社の手配、梱包作業)
③ 困りごと相談(第2・第4土曜日)に対応する先生と相談者のスケジュール調整

 そのほか、居酒屋えんがわ(第2・第4木曜日)への出席、ふれあい市(毎週土曜9時~12時)の店長補助、買い物送迎車の配車スケジュールの管理(週2回~)などがあります。

 業務は隊員が一人でおこなうのではなく、「認定NPO法人えんがわ」のメンバーと協力しながら進めていくので安心してください。


【「認定NPO法人えんがわ」の中田八郎 代表理事からのメッセージ】
 「年齢、性別は不問です。大卒以上(経済学部、商学部卒、マーケティング、
経営専攻歓迎)で個性豊かな高齢者と調和、協力しながら活動できる方、
「えんがわ」の事業拡大に伴う営業や活動資金(寄附金等)の獲得ができる方を
求めています。
 協力隊の委嘱期間が終わった後は、団体の後継者として代表理事を
めざしてみませんか?」


1.職種/身分/募集人員/給与
 ・地域おこし協力隊
 ・非常勤特別職公務員
 ・1名
 ・月額20万円 ※賞与・その他の手当は支給しません。(副業可能)

2.勤務時間等

 ・勤務日   原則として、月~金曜日
 ・勤務時間 原則として、午前9時から午後4時(週30時間・6時間/日)
 ・休日及び休暇 原則として、土・日曜日
         土曜日午前が勤務となった場合は、土曜日午後(半日)と
                月~金曜日のうちいづれか1日の午前(半日)を休日とします
 ・勤務地   認定NPO法人えんがわ
         能美市泉台町中192番地(泉台町公民館内)

3.雇用形態及び期間
 ・能美市の嘱託職員(非常勤特別職公務員)として能美市長が委嘱します
 ・委嘱の日から平成30年3月31日まで 
        (以降年度ごとの任用、最長3年まで更新する場合があります)

4.募集対象(次のいずれにも該当する人を対象とします。)
 ・年齢、性別不問
 ・大卒以上(経済学部、商学部卒、マーケティング、経営学専攻歓迎)の方
 ・個性豊かな高齢者と調和、協力しながら活動できる方
 ・団体の事業拡大に伴う営業や活動資金(寄附金等)の獲得ができる方

 ・現在、三大都市圏をはじめとする都市地域に在住し、採用後能美市の
  国造地区に住民票を異動することができる方
  もしくは、地域おこし協力隊員として2年以上活動し、かつ、解職から
  一年以内の方で、委嘱後、能美市に住民票異動して居住できる方
 ・地方公務員法第16条に規定する一般職の欠格事項に該当しない方
 ・心身ともに健康な状態で誠実に職務を遂行できる方
 ・任用時に20歳以上40歳未満の方 性別不問
 ・パソコン(電子メール、文書作成、表計算など)の一般的な操作やブログ、
  SNSなどでの情報発信ができる方
 ・普通自動車免許を有し、日常的に運転できる方 ※要・自家用車

5.待遇及び福利厚生
 ・隊員の住居は、市が借り上げ提供します
 ・光熱水費等については隊員負担とします
 ・パソコン、業務用携帯電話を貸与します
 ・社会保険及び雇用保険に加入します
 ・活動に必要な経費(消耗品購入費、研修参加費等)については予算の
  範囲内でえんがわが負担します

6.選考方法
 ・書類選考・面接による選考
  (1)履歴書(市販のもの)
  (2)能美市地域おこし協力隊申込書(指定様式)
    申込書doc
  (3)住民票1通
  (1)(2)(3)を下記応募先へ郵送してください。
  なお、いただいた書類は返却しません

 ・問い合わせ、応募先
  〒923-1297 石川県能美市来丸町1110番地
  能美市役所 市民生活部 企画振興課 地域振興室
  担当 中西、前多
  電話 0761-58-2212
  e-mail chiiki at city.nomi.lg.jp  ※atをアットマークに変えてください

7.スケジュール
 (1)申込受付期間 平成29年1月15日(日)~2月28日(火)
 (2)書類選考 平成29年3月10日(金)までに応募者全員に結果を連絡します
 (3)面接   第1次選考合格者を対象に面接を実施します
   日 時:平成29年3月18日(土)予定
   会 場:能美市役所本庁舎(能美市来丸町1110番地)
   ※面接にかかる会場までの交通費などは、個人の負担とします
 (4)面接結果 平成29年3月24日(金)までに面接を受けた方全員に結果を
   連絡します
 (5)赴任時期 平成29年4月1日予定(応相談)


お問い合わせ
お問い合わせフォーム
地域振興室
Tel 0761-58-2212
Fax 0761-58-2291
よりよいウェブサイトにするためにご意見をおきかせください。
このページの情報は役に立ちましたか?



 
印刷用ページ
adobe

本サイトをご覧いただくためには、アドビリーダーが必要です。
こちらからダウンロードしてください。